秋田比内地鶏加工センターは、JA全農グループの総合畜産企業であるJA全農北日本くみあい飼料株式会社が運営する比内地鶏専門の食肉加工センターです。運営においては、地元で比内地鶏を知り尽くす秋田たかのす農協と、秋田県内の農畜産業に幅広いネットワークを持つJA全農あきたのサポートを受けています。

秋田たかのす農協と秋田県農業公社の農場で産まれたヒヨコだけを、秋田県の北部中央地域生産者の皆さまが愛情込めて育てています。

比内地鶏に与える飼料は自社製造の配合飼料だけです。工場では比内地鶏以外の鶏は一切扱っていません。そして工場でパッキングした商品はお客さまのもとに届くまで一度も開封されることはありません。

信頼を第一に、美味しい比内地鶏を生産しています。

◎比内地鶏の由来と品質を証明する「秋田県比内地鶏ブランド認証」取得済み工場

◎衛生的な生産工程を証明する「秋田県版HACCP認証」取得済み工場

◎食品衛生法に基づく営業許可 秋田県 指令鷹福環-19-81,82,83,84取得済み

◎食鳥処理事業許可証 秋田県 指令食検-436,437取得済み

 

秋田比内地鶏加工センター 概要

名称

JA全農北日本くみあい飼料株式会社

 食鳥事業部 たかのす事業所 秋田比内地鶏加工センター

所在地

018-4211

秋田県北秋田市川井字漣岱72

従業員数

50

主な施設

・食鳥処理棟(比内地鶏を解体し、精肉や串物を製造します)

・デリカ加工棟(スープや炊込みご飯の素など加熱品を製造します)

・保管棟(製品や資材を保管しています)

主な業務

比内地鶏生鳥の買い取り、解体、精肉加工

比内地鶏関連製品の販売

主な製品

比内地鶏各種精肉、串物、地鶏スープ、炊込みご飯の素など

生鳥仕入先

秋田たかのす農協管内を中心とした比内地鶏生産者の皆様

主な

販売先

首都圏・県内の飲食店、百貨店、スーパー、問屋、通信販売等 約300

沿革

昭和62年 当地にて162000羽余りの比内地鶏の飼育が始まる。

昭和63年 旧合川町農協にて年間50000羽規模の加工施設が完成。

平成14年 年間61000羽の比内地鶏を受け入れ、能力が限界となる。

平成14年 年間20万羽を受け入れ可能な現在の工場を新設。

令和2年 秋田たかのす農協・全農あきた・弊社による運営を開始した。