比内地鶏は、秋田県で古くから飼育されてきた比内鶏をもとに、秋田県畜産試験場が食用鶏としてたゆまぬ研究・改良を行い、完成した地鶏です。

比内地鶏は、愛知の名古屋コーチン、鹿児島の薩摩鶏とともに日本三大地鶏の一つとして高い評価を集めています。

 

太陽の光がふりそそぎ、澄んだ空気ときれいな水をたたえる、秋田県北部の肥沃な大地が秋田比内地鶏のふるさとです。自然の中で150日以上もの間、飼育することで味の良い肉が作られます。鶏たちは時に広い環境で運動しながら日光浴し、牧草や土を食べています。

旨味の深さとしまった肉質は、秋田がはぐくむ自然の恵みです。

日本三大食鶏の一つとして手塩にかけて育てられた比内地鶏の絶妙なおいしさをじっくり味わってください。

 

比内地鶏は、秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」には欠かせない食材です。

定番の「親子丼」「焼き鳥」のほか「鶏すき」「しゃぶしゃぶ」などの和風料理はもちろん、洋風料理でも最高の味わいが楽しめます。

これまで数多くのグルメの心に喜びを運んだ極上の味をたっぷりお楽しみください。

 

 

平安時代から、秋田県北部地区一帯は「ひない」と呼ばれていました。

比内鶏は昔から比内地方で飼われていた鶏で、その肉質はキジ、ヤマドリに似て風味が良いとされ、その美味しさゆえ旧藩時代には年貢として納められていたほどでした。

加賀前田家の利家の妻「まつ」が、比内地方から地鶏を三羽譲り受けて飼育したという文献があります。歴史ある比内鶏は、昭和17年に国の天然記念物に指定されました。

秋田県畜産試験場は昭和48年から、この比内鶏の活用を研究してきました。

当時の比内鶏は野鶏に近く、他の鶏と比べると成長が遅く病気にかかりやすく、繁殖力も弱い欠点がありました。そこで長い間比内鶏同士を選抜・交配した結果、病気に抵抗力があり、肉付きの良い比内鶏が産まれました。

畜産試験場ではさらに研究を重ね、比内鶏を父に、ロードアイランドレッド種を母に掛け合わせる方法を考えました。これが「比内地鶏」です。

「比内鶏」が原種で、かけあわせたF1の地鶏が「比内地鶏」ということになります。

良いかけ合わせが昭和52年に完成し、昭和53年より食用として比内地鶏の肉が市場に出回るようになりました。

現在では、原種の比内地鶏は秋田県畜産試験場が一括して維持しています。